富士花鳥園 〜 猪の頭オートキャンプ場 〜 富士山本宮浅間大社・お宮横丁 vol.01

2016年10月上旬の週末、静岡県富士宮市の猪の頭オートキャンプ場と周辺に遊びに行ってきました。たぶん5年連続で、一番行っているキャンプ場。

シルバーウィークキャンプ同様に快晴とはいかないものの大雨にはならなそうだったので、都内自宅を朝7時前に出発、東名高速 富士IC〜24h営業のマックスバリュ富士宮宮原店で食材を買って、まずは富士花鳥園へ。

富士花鳥園


実家から近い掛川花鳥園には行ったことがあるけれど、富士花鳥園へ来るのは初めて。エントランスの塀は掛川の雰囲気に似ている。昨晩からの雨は止んだけど薄暗い。オープンを少しすぎたくらいの到着で車もエントランス近くの駐車場に停められた。


ちょうどこの日からスタートしたハロウィン企画。
仮装して入場すると子供は入園料無料。エントランスで無料貸出もしていて、それも対象になるとのことで長女には迷わず仮装させる(笑
仮装一番乗りだったようで、富士花鳥園のTwitterにも載ってました。園内でも年配の方を中心に声をかけられたり。

ちなみに、100円引きだけど富士花鳥園の入園クーポンもあったりします(来園当日に発行すべし)


中に入るとハロウィン撮影ポイント。
次女は1歳2ヶ月だけど、成長早くすでに歩きまわる(そのかわり髪はだいぶ薄い)。


エントランス近くにはたくさんのフクロウ/ミミズク達が。早めの時間に来たので空いていて見やすい。


かわいいミミズク。
嫁が飼いたいって言ったことがあったなぁ。餌の話をして即断念してたけど(笑


ナイスタイミングで羽を広げてくれたフクロウ。


フクロウ/ミミズクエリアをすぎると広い植物エリア。
園内のイメージは掛川に似ているけれど、掛川はペンギンとインコとかがメインだったような。


ハロウィンを理解してないけど、はしゃぐ次女。


温室みたいになっているから1年中花が咲いてるんだろうな。


タイミングよくはじまったバードショー。
動物のショーは、盛り上がるか否かMC次第で決まる部分もあるけれど、ここの飼育員さんはMCがウマイ。フクロウのうち羽角(うかく、いわゆる「耳」)がある種の総称をミミズクというらしく、日本だけの区分けだということを知った。なるほど、ミミズクもフクロウなんですね。


タカのショーも。一眼レフカメラのお客さん優先?で撮影しやすいように飛ばしてくれてたような…。いい写真を拡散されたほうがPRになるからかな?わかってるぅ。


ショーのあとはエントランスにいた小さなフクロウを手乗りで撮影。


他にも錦鯉に餌を上げたり


ペンギンもいました。掛川花鳥園ほどの数ではないけれど十分。


休憩中も次女からは目が離せない。動物はとくに怖がらないし、広いから楽しいんだろうな。


フラミンゴに餌やりができるところは初めてかも。くちばしで突かれそうに思うけど、上手に食べて痛くない。


園内でお昼をたべて、外に出ると再び霧雨。
若干テンション下がりながらも今回のキャンプ地・猪の頭オートキャンプ場

 

富士花鳥園 〜 猪の頭オートキャンプ場 〜 富士山本宮浅間大社・お宮横丁 vol.02】に続きます

 

【NOTE】
猪の頭オートキャンプ場
静岡県富士宮市猪之頭2350

富士花鳥園
静岡県富士宮市根原480-1

お宮横丁
静岡県富士宮市宮町4-23

富士山本宮浅間大社
静岡県富士宮市宮町1-1

 

  タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加