富士花鳥園 〜 猪の頭オートキャンプ場 〜 富士山本宮浅間大社・お宮横丁 vol.02

富士花鳥園から車で15分くらい? 13時前に今回のキャンプ地、猪の頭オートキャンプ場に到着。このあたりのキャンプ場はもうカーナビ不要。

富士花鳥園 〜 猪の頭オートキャンプ場 〜 富士宮・お宮横丁 vol.01】からの続きです。

猪の頭オートキャンプ場


何回も来ているキャンプ場。チェックイン時に管理人のおじさんと長めの立ち話。


管理棟でのレンタル・販売品。
以前、調味料の味噌を忘れたことを思い出した。冷蔵品は販売して無くて、おじさんの私物をわけてもらったこともあったなぁ。


長女が毎回お小遣いを出して買う駄菓子コーナー。


時期によって旬な野菜がいただけます。ありがたい。
巨大なオクラを醤油で焼くのがサイコーにおいしい。


買った駄菓子を持って、近くの小川へ。
10月だというのに気温が少し高いからか、水が気持ち良いらしい。
いつも通り、ニジマス釣り(塩焼き)もしたし、場内のお風呂も入って比較的早めに就寝。


夜は少し雨が降ったけれど、翌朝はいい天気で、ほぼ乾燥撤収できました。
今回はsnowpeak〈スノーピーク〉アメニティドームsnowpeak〈スノーピーク〉メッシュシェルターを久しぶりに連結しました。


シェルター内は暑くて、夏みたいな服装のガールズ達。
アウトの時間がゆるく「ゆっくりしていきなよ〜!」と言ってくれるので、お昼前までのんびり。いつも通り本日最後のチェックアウト客に。

 

富士山本宮浅間大社・お宮横丁


キャンプ場をあとにして、富士宮市街地へ。
何度もこの界隈には来ているのに、富士山本宮 浅間大社(ふじさんほんぐう せんげんたいしゃ)に行ったことがなかったので、すぐ近くのお宮横丁もセットで訪問。

浅間大社から徒歩5分くらいのところに新しい富士宮市営駐車場(神田川観光駐車場 / 3時間200円)ができたようなので車はそちらへ。
浅間大社横にも駐車場はあるけれど、混んでいるし料金も少し高いので、お宮横丁も行くならこちらが断然おすすめ。すぐそばを通る神田川のせせらぎも散策するのに丁度いい。


駐車場とお宮横丁・浅間大社の間に、富士山世界遺産センターなるものができるらしい。


完成イメージ。
富士山の世界遺産登録後、なんとなく意匠やメディア露出で山梨県に負けている気がするので、静岡県人としては頑張って欲しいところ。


お宮横丁に到着。
浅間大社側が通常エントランス側のようで、駐車場方面は裏手から入る。


富士宮やきそば学会のアンテナショップ。


他にも、富士宮やきそばを扱うお店が5店舗ほど、静岡おでんや甘味、お土産店も充実。


テーブルと椅子も豊富で、ほぼ満席ながら座れないことはなさそう。


富士宮焼きそばを出す最も古い鉄板焼き すぎ本の出張店と、富士宮やきそば学会アンテナショップで買って、富士宮焼きそば食べ比べ。同じ富士宮焼きそばでもソースも具材も全然味が違う。両方美味しいけれどね。


静岡おでんも食べちゃう。6種で500円。
久しぶりに食べたけど、あいかわらず黒い(笑


飲食エリアの中央には富士山の湧水もあって、セルフサービス。雰囲気あっていいね。


お腹を満たしたあとは、通常エントランス側に面した富士山本宮 浅間大社へお参りに。


駐車場からの浅間大社。紅葉の時期はきれいだろうな。


流鏑馬の像。毎年ゴールデンウィークには流鏑馬行列があるそうだ。


キャンプでお世話になっている富士山界隈。
これからのキャンプ・アウトドアも怪我・事故なく楽しめますように…とお願いして15時頃に帰路に。

 

実はこのあと、東名の大渋滞(海老名・町田で一時通行止めの事故)にハマッて都内自宅に着いたのが22:30。所要7時間。通常なら2時間ちょっとの距離ということで、安心して富士宮で焼きそばを食べゆっくりしてきたんだけどな…。

ただ、この渋滞を無駄にしまいと、Google Mapほか渋滞情報画面のキャプチャを沢山撮った。それほど頻繁には無いのかもしれないし、事故の場所などにもよるんだろうけど、御殿場方面からの東名上り 大渋滞時の回避ルートを次回エントリーでまとめたいと思います(笑

東名が渋滞すると、間違いなく国道246号をはじめとした一般道・迂回路も大渋滞するので、少しでも回避できるであろうルートを、今後の自分のためにも…。あと、高速道路の渋滞具合は距離ではなく所要時間で計るのがポイントで、「120分」とかではなく、「2時間以上」とか「以上」の表記はとても危険だな、と学んだ富士宮への旅でした。

 

【NOTE】
猪の頭オートキャンプ場
静岡県富士宮市猪之頭2350

富士花鳥園
静岡県富士宮市根原480-1

お宮横丁
静岡県富士宮市宮町4-23

富士山本宮浅間大社
静岡県富士宮市宮町1-1

 

  タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加